フィジカルコンピューティングA #06

#06 課題制作


高尾俊介(takawo@konan-wu.ac.jp
甲南女子大学 文学部 メディア表現学科 講師

 

アイデアスケッチ




授業の最終課題:micro:Bitを使って動く「何か」をデザインする


  • micro:bitを使うこと以外自由
  • ゲームでもエンターテイメントでも問題解決でもデザインでもなんでもOK
  • 自分の関心ある領域と,micro:bitでできる「インタラクション」をつなげてみよう
  • 人のアイデアを参照してもOK.

今回までの宿題:作るものを決めて相談できる状態にする

 

今後のスケジュール

授業回
日程(予定)
授業内容
ホームワーク
6
7/6
課題制作
  • プロトタイプをブラッシュアップする
プロトタイプをブラッシュアップさせる


7(補講)
7/13


8
7/20
最終調整+発表準備
発表・講評
動作するものを用意する
  • 発表の形式
  • 一人5分程度
  • 制作物についての説明
  • 「micro:bitで」ということに限らず,どういう目的で作ったかについて説明してください.アイデアスケッチの自由な記述や発想は考えを人に伝えるヒントになるはずです.
  • 実際に出来上がったものの動作のデモンストレーションなど(予め撮影した写真や動画を流すでもOK,編集などはしなくても良いです)
  • 振り返っての感想
  • 人数も多くないですし,和やかな雰囲気でできたらと思っています.

 
補足資料


 
この授業資料はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス 4.0「表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 (CC BY-NC-SA 4.0)」で公開しています.ライセンスや利用方法についてはリンク先から確認してください.