20Gお知らせペーパー

以下の「会報の抜粋」の中の{今後の予定}に含まれる[例会]についてのご案内:

例会はアムネスティ静岡グループの会員・会友が活動する場ですが、一般の方も一部参観できますので、お問い合わせください。以下が問い合わせ先メールアドレスとツイッターアドレスです: 
  • アムネスティ静岡グループへのツイッター(Twitter)によるメッセージ先→@ai20jp

2016年7月号会報より

主な内容:

  • 例会報告
  • 今月のハガキ(「被占領パレスチナ地域 ナビ・サレ村 暴力に直面する村人たち」に対する加害者であるイスラエル政府に抗議するアピール活動)
  • 今後の予定
  • 7月例会 
  • 日時  7月24日(日)13時30分~15時30分 
  • 場所  アイセル21 21集会室 
  • 手紙書き 同封はがき・今後の方向 
  •  
  • 8月の関連団体イベント「無実の袴田さんに無罪判決を 8・21清水集会」
  • [解説]アムネスティ・インターナショナルは死刑に反対しているため、死刑の残酷さを訴える集会に20G会員も賛同して参加しています
  • 日時  8月21日(日)13時20分~16時 
  • 場所  清水テルサ7F会議室
  • 参加費 500円

以下が会報(印刷物の原稿)の抜粋です:

 

例会報告  

時 : 6月26日(日)午後1時30分~3時30分 
場所 : アイセル21 21集会室 

手紙書き : 会報に同封した中国の活動家のためにディレクターあてと国防大臣あての手紙に署名しました。 
 
 
担当ケース復活 
 パレスティナ・ナビサレ村のケースにつき、国際担当より指示がありました。
 
 
今月のハガキ 
今月は試験的に4枚のはがきを同封します。直接お話を伺った方、お葉書をくださった方、皆さん好意的に3枚でも大丈夫、用意してくれた葉書は出します、と言ってくださいました。 
70円切手を調達するのが面倒とおっしゃる方もいて、葉書の数を増やす件はぜひとも皆様のご意見をお聞かせ願いたいと思います。 
パレスティナ・ナビサレ村のケース・・・静岡20G担当アクションファイル 
(2013年11月当時の情報です。これ以降、何回か更新情報が入り状況が変わっているとのことですが、発端の和訳があったので転載します。) 
 
被占領パレスチナ地域 ナビ・サレ村 暴力に直面する村人たち 
ナビ・サレ村に住む550人は、イスラエル軍の度重なる暴力的抑圧に直面している。  
2009年以来、村人はイスラエルの軍事占領と、自分たちの農地のほとんどを奪った違法なハラミシュというイスラエル入植地に反対する平和的なデモを毎週行なってきた。裁判所命令にもかかわらず、入植者たちが村の泉を観光地に変えたために、ナビ・サレ村の住民はその泉を使うことができなくなった。 
イスラエル軍は村人の平和的なデモに過剰で不必要な暴力を使って応酬している。今までのところ、女性と子どもを含め、2人が殺害され数百人が負傷している。  
またイスラエル軍はたとえば、村全体を閉鎖軍事区域と宣言したり、夜襲をかけたり、子どもたちを逮捕したり、催涙ガスのような武器を恣意的に使用したりして村人を怖がらせている。武器は家屋に向けて発射され、負傷者や家屋の損害を生じさせている。