VS Code
インストールは以下から。無料です。

日本語化(Japanese Language Pack)

command + shift + P>install extensionsを実行、検索窓でJapanese Language Pack for Visual Studio Codeを入力、選択して「Install」ボタンを押す。

コマンドパレットで>configure display languageを入力、jaを選択する。

「In order to use VS Code in Japanese, VS Code needs to restart.」と促されるので、「Restart Now」ボタンでVS Codeを再起動する。

基本設定


command + ,でpreferences→settingsと進める。

Editor: Render Whitespace
スペースを表示する。

Editor: Word Wrap
コードを折り返す。

Word Separators
区切り文字を変更する。
// デフォルト
`~!@#$%^&*()-=+[{]}\|;:'",.<>/?

-を削除すると、class-nameのような単語をダブルクリックで選択できます。

// 変更後
`~!@#$%^&*()=+[{]}\|;:'",.<>/?

Javascript > Format: Enable
js-beatifyベースのフォーマッターがデフォルトで入っている。
フォーマットさせたくない場合は、チェックを外す。
これ以外にもHTML、JSON、Typescript、Vetur、Bladeなどがある。

Editor: Format On SaveでVS Code上のフォーマッターのオンオフが設定できる。
ただし、フォーマッターを追加したときに、Onsaveが効かないことがあるので注意。

Launching from the command line
優先度:低
VS Codeを開いてcommand + shift + P>shell command iまで入力するとShell Command: Install `code` command in PATHが出てくるので選択する。

ターミナルでcode <ファイル名>とするとVS Codeで開くことができます。


ターミナルでコマンドを実行する

shift + control + `でターミナルをVS Code内で開いてくれる。複数のプロジェクトを開いているときに、エディタとターミナルが1つの画面で完結できるのが便利。
cdはディレクトリのルートに設定されている。
右クリックから「分割」を押すと画面を増やすこともできる。