Code for Kobe 20th meeting
 
 
agenda
・AR巨人将棋(喜多)
・コープこうべアイデアソン報告(圓井)
・ドコモ見守り事業(山本)
・アクティブエイジングをIT・人工知能により支援強化(瀧)
・WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2nd Stage参加者募集(川井)
 

AR巨人将棋

神大 喜多さん
 
JST RISTEX で。巨大な将棋盤の上で詰将棋をする。
視覚障がい者のための支援システム
 
床(90x90cm の中心 30x30cm にセンサーで 5x5 のマス)と靴にセンサー。音声と振動で案内する。
街中を歩いている経験がある人ほど上手くできた。
 
多面指しに来ていただいてやったときは、声に出さないといけないのが大変だったそう。
金と銀が聞き取りにくいので、gold, silver で発生していることも多い。
 
石川浩先生が中心になって推進されているプロジェクト http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/seisaku_iinkai/
「多世代共創による視覚障がい者移動支援システム」
 
これまではプロジェクトに沿って企業を作ったりしてきたけれど、普及させるのが難しい。方向転換して、コモディティ化された技術を使って実装する方針ですすめるようになった。
パラリンピックに向けて、ナビゲーションの実験として AR 巨人将棋をやった。
 
浅川智恵子さん (IBM) もこの分野は詳しい。
 
関連研究としては、没入型のプロジェクション箱を使って、視覚障害(狭視野)や歩きスマホ時の
 
神戸アイセンターで研究できそう。 (国家戦略特区提案)
 
 

コープこうべアイデアソン報告

圓井さん(コープこうべ)
 
6 グループ 27 名参加。募集は facebook とコープこうべのページの 2 箇所で。ほとんどすべて facebook から。
コープこうべ会員168万人
 
  • フォトウェディング流行ってるけど、安かろう悪かろうなのを何とかするアイディア
  • 健康ソムリエ / NPO 法人ゆい
  • ネットを活用した農業 / COPLI U-35
  • 配送担当 x トラック C to C のマッチング / 人間中心設計推進機構
  • 担当 1000 人ぐらいにつき、配送先 400 人ぐらい
  • 愛のお掃除サービス / NTTスマートコネクトのかたがた
 
「コミュニティ」あるいは「組合員同士のマッチング」に大別されそう。課題設定の問題もあるけれど、「IT を使った~」というポイントが弱かったかも。