CG論/コンピュータグラフィックス #01

イントロダクション

高尾俊介(takawo@konan-wu.ac.jp
甲南女子大学 文学部 メディア表現学科 講師

 

自己紹介


  • 高尾俊介
  • 略歴
  • 筑波大学 第二学群 比較文化学類 比較・現代文化主専攻 卒業
  • 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]メディア表現研究科 修了
  • 専門
  • メディアアート/プログラミング/デジタルファブリケーション

 

コンピュータグラフィックス


  • コンピュータグラフィックス(Conputer Graphics:CG)とは、コンピュータを用いて作成される画像。

 

「CG論/コンピュータグラフィックス」授業の狙い


  • コンピュータグラフィックス(Conputer Graphics:CG)は、現代においてVR(仮想現実)やAR(拡張現実)など、これまで以上に多様な形態をとるようになってきました。この授業ではCGの歴史的な変遷を踏まえながら、CGに関する基本概念を理解することを目標とします。授業内ではCGの歴史において代表的な作品を紹介します。また適宜2Dおよび3DCGの概念説明をソフトウェアを用いて行います。

授業シラバスより抜粋

 

到達目標


  • CGに関する基本概念の理解。

 

CGクリエイター検定


  • 個人受験者
  • インターネット申込み:10月20日 (金) 

 

評価基準・割合/Means of assessment


  • 授業参加態度:30%
  • 小テスト等:20%
  • その他(レポートを予定):50%

 

テキスト