フィジカルコンピューティングA #05

#05 micro:bitとモジュール(2)

高尾俊介(takawo@konan-wu.ac.jp
甲南女子大学 文学部 メディア表現学科 講師

 

授業内容


  • 前半
  • 先週の続き:Grove Inventer Kit for micro:bitをつかって様々なインタラクションを作ってみる
  • 後半
  • 課題の説明,授業の進行スケジュールなどについて


 


課題の説明,授業の進行スケジュールなどについて

課題:micro:Bitを使って動く「何か」をデザインする


  • micro:bitを使うこと以外自由
  • ゲームでもエンターテイメントでも問題解決でもデザインでもなんでもOK
  • 自分の関心ある領域と,micro:bitでできる「インタラクション」をつなげてみよう
  • 人のアイデアを参照してもOK.

次回までの宿題:アイデアを考える

  • micro:bitでできる「インタラクション」からアイデアを考える.
  • 1人5枚を目標にアイデアを考えてきてください.
  • 5枚以上でもOK,たくさん描いた方が面白いのが出る.たくさん描きましょう.


注意点
  • 「今自分ができる範囲で考える」ではなく「micro:Bitの機能を使って出来ること」から出発して自由に考えた方が面白いものができる.実装するはひとまず置いておいて,micro:bitという制限の中で自由に発想してください.

これまでの例


書き方の例: