プログラミングA #05

#05 TouchDesigner入門(4) TOPによるアニメーション


高尾俊介(takawo@konan-wu.ac.jp
甲南女子大学 文学部 メディア表現学科 講師

w
 

今日の授業内容


  • 前回に引き続いてCHOP(チャンネル・オペレータ)TOP(テクスチャー・オペレータ)の連携
  • TouchDesignerでTOP(2D)やSOP(3D)を動かす=パラメータにCHOPを割り当てる.
  • その方法についてアニメーションを作りながら学ぶ.
  • フィードバックやキャッシュの機能を使って映像のフレームを繰り返したりする方法を学ぶ

 

今日作るもの




授業開始にあたって


  • これくらいのセットが一つの映像ソースとなって,切り替えたりしながら映像を作るのがTouchDesignerでのプログラミング.
  • 手順を確認しながら進めるようにしてください.また教員が「スクリーンを見てください」といった際には注目してください.手順を聞き漏らすと思うように動作しません.
  • このあたりで去年はつまづきました.

ソース(元)となるTOP


  • Circle TOP:ジェネレータ.円を描画するが,今回はPolygonの設定をオンにして多角形として表示

  • Transform TOP:入力されたTOPの移動,変形など
  • Blur TOP:入力されたTOPにボカシをかける


ここまで

  • 特に動かない=TOPのパラメータを変化させる必要がある.
  • CHOPで変化させる値を作る.

CHOPで変化するパラメータを作る


  • 今回は便宜上,パタメータの中でも以下のものを変化させる.
  • Transform TOPのスケール(Scale):入力されたTOPの大きさ(0〜?)
  • Transform TOPの回転(Rotate):入力されたTOPの回転角度(0〜360)
  • Blur TOPのFilter Size:ボカシ(0〜?)