プログラミングA #02
#02 TouchDesigner入門(1) 基本操作

高尾俊介(takawo@konan-wu.ac.jp
甲南女子大学 文学部 メディア表現学科 講師

 



1. TouchDesignerの起動
  • TouchDesignerを始めるにあたっては3ボタンマウスが必要.
  • ネットワークエディタ:画面中央のノードが結線されている画面.この画面を編集してプログラムを作成する.
  • パレットブラウザ:画面左のパレット.様々な機能がまとめられているが,序盤は使わないので基本的に消してOK.

2. パン,ズーム,ネットワークのセンタリング
  • ネットワークエディタの何もないところをドラッグ:画面を移動
  • 中ボタンのドラッグor スクロール:ネットワークエディタの拡大・縮小
  • "h"キーを押す:現在のネットワークが中央揃え(ホーミング:Homing)
  • 選択中のノードのみをホーミングする:"Shift + h"
  • 右クリックのメニューから「Home All」を選択しても同様にホーミング可能

3. ノードの選択,移動
  • ノードの選択:左クリックで個別で選択,ドラッグで移動できる
  • 複数ノードの選択:右ボタンをドラッグして選択したいノードを囲う
  • ノードを右クリックするとNodes メニューが表示
  • "View"を選択するとフローティングウィンドウが展開
  • 端をドラッグするとサイズ変更できる
  • フローティングウィンドウはxボタンで閉じる

  1. TouchDesignerのオペレータの種類:ジェネレータ,フィルタ
  • Ctrl + A + Deleteキーで全ての ノードを削除
  • 何もない部分をダブルクリックするとOP Create Dialogが表示
  • OP:"Operator",あるいは"Node"と呼ばれる
  • Tabを押すと同じDialogが表示される
  • "Movie File In TOP”を設置してさらにそれを"Level TOP"と接続
  • Level TOPの”Black Level”と”Brightness”をパラメータウィンドウから操作してみる


5. ネットワークエディタ内へのノードの配置方法
  • OP Dialogを表示
  • 6つのOperator Familiesの説明
  • CHOP(Channel Operator)
  • OP Dialog表示時は,Tabキーでオペレーターのファミリーを切り替える.
  • 暗い色のOPは「ジェネレータ」:新しいデータを作成したり外部デバイスあるいはプログラムからデータを読み込む
  • 明るい色のOPはデータを変更する「フィルタ」
  • OP DialogからCHOPの"Pattern CHOP","Noise CHOP"を配置.