3Dプリンタ 「AnyCubic i3 Mega」の使い方 2019年度版


2019年5月22日作成
作成:高尾俊介
連絡先:takawo@konan-wu.ac.jp
 

3Dプリンタでの出力手順の概要


  1. Tinkercadでデータを作る.
  1. STLデータをエクスポートしてデスクトップにダウンロード.
  1. コモンルームスタッフに声をかけてSDカードリーダを借りる.
  1. 「Ultimaker Cura」でプリンタ用データをSDカードに書き出す.
  1. SDカードを3Dプリンタに挿してプリントする.
  1. SDカードリーダを返却する.

基本的な運用のルール

  • 貸出されたSDカードリーダは当日に必ず返却してください.
  • 3Dプリントには時間がかかります.他の人も出力するので,出力の終了時間を確認した上で,日をまたぐ場合は翌日速やかに取りに来れるようにしてください.プリンタが動いていない場合はプレートから外して次の人が出力してOKです.簡単に取り外せます.
  • 3Dプリンタに出力物が残っている場合は取り外して下のボックスか机の上に置いてください.丁寧に入れましょう.また出力した人はきちんと回収すること(放置🙅
  • ルールが守れない場合は高尾が注意します😃

 

3Dプリンタ「AnyCubic i3 Mega」



  • FDM(Fused Deposition Modeling / 熱溶解積層法熱溶解積層法):糸状のプラスチックを溶かしながら,XYZステージに積層して形状を生成する方式.

  • 最大加工範囲:幅210.0mm x 奥行き210.0mm x 高さ205mm
  • これ以上のモノを出力する場合,接合などコツがいります😃

今日確認しておきたいこと

  • 電源の位置
  • SDカードの位置、挿す方向
  • タッチパネルの操作

 

1. Tinkercadでデータを作る


  • 自宅のPC,コモンルーム,811,823教室などのコンピュータでデータを作成し,3DモデルをTinkercadで完成させる.
  • 出力したいモデルデータをSTL形式でダウンロード.

  • ダウンロードしたSTLデータのファイル名を半角英数文字のみにリネームする
  • ○な例:「ring.stl」「takawo.stl」など
  • ☓な例:「リング.stl」「高尾俊介.stl」など