コンピュータ造形 #05
#05 Tinkercad入門(3)

高尾俊介(takawo@konan-wu.ac.jp
甲南女子大学 文学部 メディア表現学科 講師

 

今日の授業内容


  • Tinkercad
  • Tinkercadでの形状作成方法について
  • 前回までのおさらい
  • サイズの変更
  • 図形の合成
  • コピー(複製)
  • 「直前の操作を繰り返す」との組み合わせ
  • 作業平面の変更とグループ化(形状合成)
  • 「オブジェクトをドロップ」機能
  • グループ化(形状合成)での注意点


 

  Tinkercadでの形状作成方法について


  • オブジェクトにフォーカス:オブジェクトを選択してfキー
  • 図形編集時は正投影ビューにする
  • グリッドにスナップの値を0.1mmに
  • 基本的な視点移動の方法


オブジェクトごとのパラメータ
  • オブジェクトを選択すると表示される変更項目
  • 知っておくと図形がきれいに作れたり,楽に形状を操作出来る場合がある.

図形の合成


  • 図形のコピー(複製)の方法
  • 左上のメニュー「複製をクリック」するかCtrl + C,Ctrl + Vでコピーペースト.
  • 作業平面の変更とグループ化(形状合成)
  • 「オブジェクトを作業平面にドロップ」する機能

形状操作と繰り返し


  • コピー(複製)したオブジェクトを移動,変形,回転などした操作を繰り返すことで形状を作成できる.