メディア表現研究演習 #04
#04 自己分析(2)

高尾俊介(takawo@konan-wu.ac.jp
甲南女子大学 文学部 メディア表現学科 講師

 

授業内容


  • 「自分について」を完成させたものを印刷する.
  • 印刷したものを掲示する.
  • 教員がコメントする.

 

「自分について」について


過去
  • あなたの出自や生い立ち,人生について知りたいわけではない,んです.
  • 興味や関心,自分のこれまで取り組んできたもので今の関心とつながりそうなものを再発
見,再確認してほしい.

現在
  • 地図の中心にいる自分について見つめ直して欲しい.
  • 何かを作ること,表現すること=自問自答すること.
  • 自分とニューメディア的な何かや,何かをニューメディア的観点から捉え,つなげて考えてみる.

未来
  • 自分がどの方向を見ているか,確認して欲しい.
  • 1年後,2年後の未来だけじゃない,50年後,100年後の未来について考えてみよう.
  • どうやったら自分が自分らしく生きているか,想像してみよう.
  • 得意なこと,好きなことを肯定できること.
  • やりたいことを通じて自分の成長が実感できること.

今回,全体と共有するために一旦印刷したり掲示しますが,このドキュメントは常に更新してよいし,読み返していきながら,自分に厚みをもたせていきましょう.ときに休憩しながら,この2年間,考え続けよう.


 

「自分について」考えることを今,取り組む意味


ニューメディア研究ゼミでの活動

  • 個人の研究・制作活動を教員が個別に助言やサポート.ゼミ内の学生間で学び合う形式.
  • 自分の興味・関心を自分が理解・把握してない
  • 「やりたいことじゃない」「やらされている」ような形になる.正直なところ,それは意味があまりないし,僕もそういうの感じ取れてしまう.

まずはこの1年間,自分の取り組みたいテーマを見つけて,それに取り組んでください.見つかるのは早ければ早いほどよいです.テーマと自分なりの視点が組み合わさったら研究.まずは取り組むテーマを見つけよう.

よくある迷路へのルート

  • いろんなことをやりたい←→時間は有限で2年間はあっという間.実質2年もない.