メディア表現研究演習 #01
#01 ガイダンス

高尾俊介(takawo@konan-wu.ac.jp
甲南女子大学 文学部 メディア表現学科 講師

 

授業内容


  • ゼミ開設にあたっての所信
  • ゼミでの具体的な活動
  • ゼミに関するブレスト
  • Slackの登録

 

ゼミ開設にあたっての所信


  • ニューメディアについて今考えていること
  • プログラミング,デジタルファブリケーション,フィジカルコンピューティングの現在
  • 女子大/文学部でこういった分野に取り組むということ
  • 創造的生活者」について
  • 「今」ではなく「10年後,50年後,100年後」に活きる知識や経験を学ぶ

 

ニューメディア研究ゼミで目指すこと


  • これまで授業を通じて学んできた「ニューメディア」と呼ばれるコンピュータを介する情報技術について,より深く学ぶこと.
  • 各自がニューメディアの研究分野について目的意識を持ち,自主的に学ぶこと.
  • 所属する教員や学生が得た学びや知見,失敗を共有すること.学び合い,教え合うこと.

 

ニューメディア研究ゼミでの基本方針


  • 個人の自主性を尊重する.各自が取り組みたいテーマに基づいて研究する.
  • 挑戦を推奨する.
  • 経験を新しい経験へ展開させることを推奨する.
  • 「Done is better than perfect」
  • 技術や知識を他の分野へ転用することを推奨する.
  • うまくやる過程の失敗を推奨する.失敗を否定しない.
  • 「何かに取り組みたい」という気持ちを否定しない.
  • 「うまくいかない」ことを否定しない.
  • 「一生懸命」より「計画性」や「継続性」を大切にする.
  • ゼミ生同士の助け合い,情報交換を推奨する.
  • 言語化と対話を推奨する.
  • 観察と記録を推奨する.
  • 多様な表現を歓迎する.

 

ニューメディア研究ゼミでの具体的な活動