コンピュータ造形 #01
イントロダクション

高尾俊介(takawo@konan-wu.ac.jp)
甲南女子大学 文学部 メディア表現学科 講師

 

【重要】授業資料と出席登録について



  • Googleで「高尾俊介」で検索すると出てきます.
  • 授業資料など公開するので適宜観るようにお願いします.
  • 出席もこれで行う予定です.

 

自己紹介


  • 高尾俊介
  • 略歴
  • 筑波大学 第二学群 比較文化学類 比較・現代文化主専攻 卒業
  • 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]メディア表現研究科 修了
  • 専門
  • メディアアート/プログラミング/デジタルファブリケーション

 

コンピュータ造形


  • コンピュータを使ったモデリング
  • 3Dプリンタでの造形物の出力
  • 3Dスキャナやカメラを用いた3Dスキャン

注意すること
  • 3DCG:物理世界をシミュレーション(要素:空間、光、物理法則など)
  • 3DCAD:物理世界のためのモデリング(要素:機能、形状)
  • 授業の方向性
  • 3DCG < 3DCAD

 

「コンピュータ造形」授業の狙い


  • この授業では「自己表現のためのパーソナル・ファブリケーション」をテーマに、3Dモデリングの技術を習得するとともに、3Dプリンタをデザインツールとして造形物を制作することを目的とします。

授業シラバスより抜粋

前年度までコンピュータ造形A/B(各15コマ ×前・後期)で行っていた内容を15コマで行うため,端折る箇所などが出てきます.

 

到達目標